クリニックとエステの違い- S&G -

医療行為が受けられます

フェミークリニックがエステと違うところは医療行為が出来る、エステとは施術出来る範囲が広いのがいちばんの差です。
脱毛などをとってみても光脱毛はどちらでも施術することが出来ますが、レーザー脱毛は医療クリニックでないと施術することが出来ません。
医療クリニックはより高度な治療が出来ます。
それに万一トラブルがあったとしても医療行為が出来ますので、飲み薬などでの対処も出来ます。
ここだけでなく渋谷や銀座、新宿、池袋、大阪は梅田と心斎橋にあるフェミークリニックもすべて医師が常駐する、医療行為の出来る病院なので、安心して治療して頂けます。
またエステで使う機器よりも高出力で安全なものなので、痛みなどもなく効果的に治療が出来ます。

万が一の事があっても安心

もし、お肌の治療中に肌が腫れたり痛みや発疹が出来たときにはどうなるのでしょうか?エステなどでは対応することが出来ないかも知れません。
その様なことの無い、美容パックなどをしたお肌のケアなどはエステでも大丈夫ですが、高度な医療機器を使った治療中に発生したこれらの症状には対応できません。
医療クリニックなら医師が施術しているので、対応もすぐ出来、場合によっては内服薬を使った対処も出来ます。
にきびやにきびの深い痕などの治療、薬品を使わないしわ治療などに対しては安心して施術してもらうことが出来ます。
このように治療法や程度によってエステと医療クリニックを使い分けるのがかしこい使い方だと思います。

施術内容からちがうんです

一見同じような施術をおこなっているように見えるクリニックとエステサロンですが、実際に行える施術が大きく異なります。
エステサロンはあくまで美容ですが、フェミークリニックもそうですが、医療クリニックは医療行為を行うことが出来る医師が常駐している美容の病院です。
医療クリニックで行われる治療は元々医療用の機器を使用しておこなう治療行為です。
当然資格がない人が行うことが出来ません。
資格がある人が使える機器ですから高出力でより効果的に治療することが出来ます。
ですので、同じ脱毛、にきびやしわの治療など同じ事をしているようでじつは全然違うことをしているわけです。