しわのない肌を持続させるために- S&G -

どの様にしてしわは出来るのか

一般的なしわの出来るメカニズムはどんな感じなのでしょう?しわが出来るのは真皮といわれる皮膚の部分に起こります。
にきびなどの出来る表皮の下にあるのが真皮で、コラーゲンなどで出来ており、ヒアルロン酸などで潤っています。
そこが固くなりやせていくとしわになります。
コラーゲンは繊維で出来ているので基本的には細胞のように再生されません。
しわ治療でおこなわれているコラーゲンやヒアルロン酸をおぎなってしわになった部分を回復させようという施術です。
しかし注入されたコラーゲンは段々と体内に吸収されてしまうので、暫くすると元に戻ってしまいます。

乾燥は、しわの大敵

コラーゲンなどの変質、減少などによるしわの他に加齢によるもの乾燥によるもの、紫外線の影響など様々な条件が重なってしわが出来ています。
なので一概にしわ治療といっても人によって様々で、最適な治療法も様々あると言えます。
医療クリニックであるフェミークリニックは都内の渋谷をはじめ、新宿、銀座、池袋などターミナル駅があるところで営業しているので、どこのクリニックに行っても常駐しているスタッフが個人の症状に合わせて最適な治療法を一緒に考えてくれるので、的確な治療をする事が出来るので、しわなどでお悩みの方は相談してみることを推奨します。

ヒアルロン酸などの注入

最新の医療機器をつかった、しわの治療の他にヒアルロン酸などをしわに注入する方法もあります。
真皮と呼ばれる、しわが出来る部分はコラーゲンやヒアルロン酸などテレビなどでたまに耳にする物質で出来ています。
そこに新しくヒアルロン酸やコラーゲンをおぎなってしわを消す治療や、薬品を使って角質を取り除き、皮膚の活性を促し再生させるピーリングなどがあります。
これらの方法は一時的には効果があるんですが、時間がたつと元に戻ってしまい、長期的な効果は望めません。
機器を使った治療はたるんだ皮膚を高周波やレーザーなどを使い真皮部分を活性化させてしわを取る方法です。
いずれも症状の度合いなどを考えて最適な治療をおこなうことが大事です。